私のために、ヘルプの書き込みを論文文は