研究論文のための作業仮説は、