価値観の変化に気付き続けなければいけない。

価値観の変化に気付き続けなければいけない。

石田諒


石田です。

一応は試みたものの、やっぱり不可能でした。

何がって、アレです。

1年間を総ざらいして振り返ってみるやつ。


2018年のスケジュール帳を見返して。

その予定の過密っぷりに「わーーー」っとなり。

iPhoneのカメラロールを見返して。

その写真データの膨大さに「わーーー」っとなり。


やっていること、関わっていること。

多すぎるなあ、と自分でも感じるわけですね。


相変わらず、多動です。

多忙です、相変わらず。


肩書きが増え、役職が増え、仲間も増え。

打席が増え、安打数もそれなりに増えてきた。

想像もつかないような可能性に満ち。

仕事も生活も、日々充実度は増していく。


とても楽しい。

活動のフィールドが広がっていく。

この上なくうれしく、ありがたいことです。


でも、これでいいのか?

本当にやりたいことをやっているか?

自分自身の幸福や目標は達成できているのか?

僕らは、生きている限り。

己の価値観の変化に気付き続けなければいけない。


おそらく、物心ついてからずっと。

多彩で多才な人物に憧れてきました。

たくさんの顔と肩書きをもったマルチタレント。

そういうものに僕はなりたかったのです。


2016年の4月に佐久に来てから。

そういうものを目指せる環境に恵まれました。

チャンスと思い、全力で使いこなしました。


けっこう、いい感じに仕上がってきたと思います。

こんなに、いろいろいいのかな、ってくらい。

本当にいろいろ経験させてもらいました。


そこで、さっきの問いが生まれてきたわけです。


でも、これでいいのか?

本当にやりたいことをやっているか?

自分自身の幸福や目標は達成できているのか?

僕らは、生きている限り。

己の価値観の変化に気付き続けなければいけない。


来たる2019年。

まずは、たくさんの余白をつくろうと思います。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。