仮説の段階と目的の製剤