をさらに研究が実施されるべき