nakanodono

nakanodono

yogabook

「ほりのうち の なぞ」を再読して、著者の見解を逸脱して思う。堀江家は後北条の命で他地域から突然やって来たのではなく、中野殿(平氏)の改名では? 堀ノ内の館を太田道灌(扇谷上杉)に明け渡してしまい、しかも熊野もそのスターあさかや氏も裏切って氷川勢に加わった過去を消してるのでは?

実際、今でも入口の石碑に刻まれてる名前は中野家だし、中野の菩提で有るトコに堀江の墓がメインに配置されている。

同じく、太田道灌に戦道を譲ってしまった馬橋エリアも被差別地域になったのではないだろうか?