監督

監督

STAR SAND ─星砂物語─



ロジャー・パルバース Roger Pulvers


1944年米国生まれ。作家・劇作家・演出家。ハーバード大学大学院ロシア地域研究所で修士号を取得。ポーランド、フランスへの留学後、1967年よりほぼ半世紀を日本で過ごし、執筆活動を開始。大島渚監督との知遇を得て映画『戦場のメリークリスマス』(1983)の助監督を務める。著書に、『もし、日本という国がなかったら』、『驚くべき日本語』、『英語で読み解く賢治の世界』など多数。小説に『新バイブル・ストーリーズ』、『旅する帽子——小説ラフカディオ・ハーン』、『ライス』、『ハーフ』など。宮沢賢治や井上ひさしの作品の英語翻訳にも数多く携わり、その功績から、第18回宮沢賢治賞(2008)、第19回野間文芸翻訳賞(2013)、第9回井上靖賞(2015)を受賞。また映画脚本に関しては、アニメ映画『アンネの日記』(1995)、映画『明日への遺言』(2008)で、共同脚本家として参加、後者で2009年テヘラン国際映画祭・脚本賞を受賞。

日本の地を踏んでからちょうど50周年となる2017年、執筆した書籍は50冊を超えることとなった。



>前ページに戻る


>>トップメニューに戻る