物語

物語

STAR SAND ─星砂物語─


 1945年の沖縄。戦火から遠く離れた小さな島に渡り、独りで暮らし始めた16歳の少女・梅野洋海(ひろみ)は、洞窟で脱走兵である日本人・岩淵隆康と、アメリカ人・ボブという二人の青年に出会う。戦うことが厭になって軍を離れた「卑怯者」同士の日本兵と米兵は、言葉が通じないながらも洞窟の中で暮らすうち、次第に心を通わせ合ってゆく。日系アメリカ人の母親を持つ洋海は、時折通訳となりながら、隠れて暮らす彼らを気に掛け足しげく洞窟を訪れる。親切だが少々詮索好きな感じのする吉上の追及をかわしたりしながら食料を届けるなど、彼らの身の回りの世話を焼いているうち、三人の間には不思議な関係が築かれるのだった。

 ある日、隆康の兄・一(はじめ)が洞窟にやって来る。一は脚を戦いで負傷しており、怪我の養生のために隆康やボブらと共に暮らすことになるが、アメリカ兵は敵と信じ、戦うことを善しと考えている彼の目には、ボブは敵であり、隆康は国の裏切り者としか映らない。一の敵意は、ボブと隆康に向けられていく。

 留守中の儀間家を自分の寝泊りする場所として拝借していた洋海だったが、帰宅すると、本来の主である儀間が帰って来ていた。はじめは洋海に不審げな目を向けていた儀間だが、やがて自分が家に帰りつくまでの顛末を語り始める。彼女は爆撃を受け、娘と逃げまどうさなかに、その娘を目の前で失ったのだ。悲しみ憤る儀間の姿に、なすすべもなく立ち尽くす洋海。

 洞窟の中では、一の怪我が少しずつ快方に向かう兆しが見えてきたが、それとともに彼のボブと隆康に対する憎悪は増していくようだった。そしてついに、洋海の目の前で悲劇が起きてしまう。


 2016年東京。友人らともあまり馴染めず、大学にも何となく通っているだけの志保は、卒業論文の題材として戦時中の沖縄をテーマにしてはどうかと教授に示唆され、一冊の日記を手渡される。そこには1945年の沖縄の小島で暮らしていた16歳の少女の見聞きしたことが書かれていた。志保はそれを読むうち、この日記の持つ謎に惹かれていく……



>>トップメニューに戻る