イントロダクション

イントロダクション

STAR SAND ─星砂物語─



監督の想いに共感する俳優らが集まり実現した、奇跡のキャスティング


ヒロイン・洋海(ひろみ)役を演じるのは、映画『秘密 THE TOP SECRET』で大友啓史監督に大抜擢されスクリーンデビューを果たした織田梨沙。流暢な英語を操り、時に感情をむき出しにする役どころを、物怖じすることなく演じている。


脱走兵・隆康役には、沖縄出身の満島真之介。彼は真摯に役と向き合い、この両義性ある複雑な人物像に息を吹き込んだ。また、もう一方の脱走兵・ボブに扮しているのは、オーストラリアの実力派若手俳優、ブランドン・マクレランド。監督のいわば分身ともいえる、戦いを拒否して軍を抜けた若者を、深い理解をもって演じきった。


さらに、隆康の兄・一(はじめ)役の三浦貴大は、重傷を負って除隊した皇軍兵士の栄光と狂気、破滅を体現する人間を熱演。そして、現代を生きる女子大生・志保役には吉岡里帆。戦時のことなどに思い至ることもない、今どきの若い女性が、一冊の日記によって変化・成長するさまを瑞々しく演じている。


才能きらめく若手俳優たちの出演に加え、彼らを確かな演技で受け止めるベテラン俳優陣たちにも、日本国内のみならず世界でもその実力が認められている豪華な顔ぶれが揃った。

戦争で娘を失った女性・儀間役には寺島しのぶ。母親としての悲しみと憤りの感情が、激しく哀切に表出されるシーンは、まさに彼女にしか演じられないものとなっている。また、洋海の隣人・吉上を演じた渡辺真起子は、詮索好きに見えてその実、洋海を心配し気にかける優しさを包容力をもって演じてみせた。


現代のパートでは、大学教授・城間を石橋蓮司が演じ、志保の成長のきっかけを与える役どころを、コミカルさも漂わせながら円熟の味わいで見せている。そして、晩年の梅野洋海を演じた緑魔子は、織田梨沙が演じた同人物の少女時代のバトンを受け、封印してきた過去に向き合おうとする女性の強さと弱さを表現した。


9人の俳優らの確かな演技は、いずれも余韻をもって深く心に響く。



>前ページに戻る


>>トップメニューに戻る