イントロダクション

イントロダクション

STAR SAND ─星砂物語─



「卑怯者」こそが平和の実践者 ── 生きてあれ、というメッセージ


戦争を描いた映画というと、敵味方に分かれた銃撃・爆撃によるバトルシーンをすぐに思い浮かべがちだが、本作品ではそのような戦いは描かれない。

ともに脱走した米兵と日本兵という設定になっているボブと隆康。「誰も殺したくない」から軍を抜けたボブ、部隊を離れても「国のために戦え」という声に今なお苦しむ隆康は、本当に卑怯者なのだろうか? この作品は、今を生きる私たちに鋭い問いを投げかけている。



>前ページに戻る


>>トップメニューに戻る